失敗事例を参考に成功するアパート経営を~サクセスプロジェクト~

不動産

空き室のリスク対策

不動産

空き室が多く、賃貸経営のリスク対策が必要な現代では家賃保証のあるサブリースが人気となっており、今後もさらに需要が増すと予想されます。知っておきたい知識として、サブリースには2年毎に家賃見直しがサブリース会社によって行なわれる事が多く、家賃の引き下げがあるので確認しておく必要があります。

入居者の情報も得る

不動産

アパート経営をする中で情報収集はとても大切です。情報収集の甘さが招いた失敗実例を参考にして対策を考えましょう。また収益物件を購入するときにも気をつけることが大切です。

破綻する確率が低い

貯金箱

アパート経営をする中で破綻するまで追い込まれることは確率的に低いです。しかし、実際に破断している人もいるので実例などを参考にして対策や工夫をしましょう。そうすることで問題解決できるでしょう。

副収入を得られる方法とは

初めてであっても失敗しないように情報を集めよう。アパート経営の失敗の事例を把握しておいて、スムーズな運営を進めておこう。

デメリットを知ろう

アパート

本業では満足のいく収入を得られないという人は、副業を始めることがあります。副収入を得ても問題ないという会社もあるため、いろいろと検討してみるといいかもしれません。 その一つに、アパート経営が挙げられます。始めるからには、まず、いろいろと情報収集することをお勧めします。特に重要な点は、失敗事例を把握しておくことです。アパート経営は誰でも成功するというわけではありません。中には、失敗してしまったという事例もあります。デメリットをあらかじめ知っておくことで、対策を練ることができるようになるはずです。 失敗事例として多いことは、入居者が埋まらなかったという点です。空き室が多ければ家賃収入を得られず、維持費の方が上回ってしまうことがあります。

副収入となる

アパート経営が人気なのは、家賃収入が副収入になるからです。5つの入居者があり、家賃が6万円の場合、毎月30万円が副収入として得られることになるわけです。本業を持っていない人でも、十分に生活できる額となります。 ただし、失敗事例もあることから、必ずしもこのくらいの額を得られるというわけではありません。アパート経営のリスクとしては、満室の状態ではないと満足のいく収入を得られないという点です。失敗事例としても、半分以上が空き室になっているというものが挙げられます。これではアパートの維持費にさえならないということもあります。 軌道に乗れば、相当な収入を得られるようになります。場合によっては、老後の生活も安泰です。